デニムジャケットは1st、2nd、3rd ?3つのタイプがあった!【入門編】

(2021.06.02更新)

こんにちは、サトです!

 

いま、あなたが着ている、

デニムジャケットのモデルは何ですか?

これ、意外と知らずみんな着てるんですよね。

 

そこで!

知らないひとにつたえたくなる、

デニムジャケットの”ミニ知識”を紹介します♪

 

 

今回は、知れば知るほど好きになる、

Gジャンの【入門編】!

 

デニムジャケットのモデルについて

いろいろと深ぼっていきます!

 

 

それでは、よろしくお願いします。

 

 

■デニムジャケットの歴史とは…

男女問わず、こどもから大人まで、

すでに大定番の【デニムジャケット】。

 

通称”Gジャン”と呼ばれるデニムジャケットは、

19世紀後半にジーンズとともに登場しました。

 

 

もともと、デニムパンツの王様である

「501XX」の上着としても有名。

 

そのデニムの王様といえば、

【Levi’s】=リーバイスです。

 

リベット補強する特許を取得していたため、

『リベットブラウス』

と呼ばれるジャケットを生産。

 

リベットブラウスとは、

”リベットで補強された仕事着”

のことをさしていいます。

 

 

■Gジャンには3タイプがある!!

●1st、2nd、3rdとは?

 

デニムジャケットは、

通称「Gジャン」とも呼ばれていますよね?

今では、どこのブランドでも作っている

このデニムジャケット。

 

「あれ?あの人が着ているGジャンって、

なんか自分のと違っていいな、、」

 

こんな経験はありませんか?

 

じつは、デニムジャケットには大きくわけて

“3つのタイプ“のモデルがあります。

見出しタイトル

✅.1st『ファースト』モデル

✅.2nd『セカンド』モデル

✅.3rd『サード』モデル

 

これらは、デニムの王様ブランド

【Levi’s】=リーバイス

ヴィンテージのデニムジャケットから

由来する名前で有名。

 

 

■デニムジャケット3種、その特徴は?

 

■1st『ファースト』モデルの特徴

デニムジャケットファーストモデルの画像

【1st/ファースト】~(どんなモデル?)

今回の3種の中でも、

いちばんクラシカルなディテールのモデルです。

 

“プリーテッドブラウス”

と呼ばれるゆえんとなった、

縦にはしるフロントプリーツや、

左の胸だけに配された

フラップ・パッチ・ポケットが付いています。

デニムジャケットのプリーツ画像

 

 

一部のヴィンテージジーンズパンツの、

ウエストにもある、

「シンチバック」

がついているのも”1st”モデルならではです。

デニムジャケットのシンチバックの画像

このモデルの名前は、【506XX】。

 

Amazonで【1stモデル】をみてみる

 

●【1st/ファースト】~(仕様の特徴)

・フロントプリーツ

・片側のフラップポケット

・バックベルトのアジャスター

 

 

 

■2nd『セカンド』モデルの特徴

 

デニムジャケットセカンドモデルの画像

【2nd/セカンド】~(どんなモデル?)

第二次世界大戦が終結後、

アメリカでモデルチェンジが活発に。

 

ファーストモデルのデザインを、

そのまま継承した“フロントプリーツ”

そしてシンメトリーなフラップポケット。

 

シンチバックから両サイドの、

「アジャスター」へと仕様を進化しているのも特徴。

 

ファーストの男らしさとは違って、

少しだけかわいらしい印象、

かつ機能的になっている。

ロットナンバーは「507」の「TYPE2」。

このモデルの名前は、【507XX】。

 

Amazonで【2ndモデル】をみてみる

 

●【2nd/セカンド】~(仕様の特徴)

・フロントプリーツ

・左右両方あるフロントパッチポケット

・両すそのサイドアジャスター

 

 

 

■3rd『サード』モデルの特徴

 

デニムジャケットサードモデルの画像

【3rd/サード】~(どんなモデル?)

1962年に誕生した、

デニムジャケットの完成形と称されるモデル。

 

これまでのようなプリーツデザインではなく、

両胸がフラップ・セット・イン・ポケットになっている。

 

その両ポケットの下には、

V字のシーム切り替えし仕様。

 

様々なブランドで、一般的によく目にするのも、

このモデルがお手本となっていることが多い。

このモデルの名前は、【557XX】。

 

【3rdモデル】をAmazonでみてみる

 

●【3rd/サード】~(仕様の特徴)

・両胸のフラップ・セット・イン・ポケット

・両ポケット下の”V字”のシーム

・ポケットがやや上に配置

 

 

 

■【おまけ】実は4th『フォース』もある

 

デニムジャケットフォースモデルの画像

【4th/フォース】~(どんなモデル?)

これまでの短めの丈でワイドなつくりから、

これまでよりも丈がながめで

細身の幅に改良の手が加えられている。

 

つまり、より現代らしくなったといえるデザイン。

このモデルの名前は、【70505】。

 

【4thモデル】をAmazonでみてみる

 

●【4th/フォース】~(仕様の特徴)

・一見、サード同様の見た目のデザイン

・”長め”になった丈

・”細身”に変更された身はば

・紙パッチが、小さくなっている

 

 

 

■Gジャンでほかに有名なブランドってどこ?

 

Levi’s®がGジャンの原点だが、

いまは他にもをつくっている有名どころが多い。

 

新たな解釈でオマージュとして、

様々なディテールが揃ているのも面白い。

 

たくさんのブランドたちがあげられますが、

主流のところはここ。

 

【主力ブランド】

 

また、最近のUNIQLOはあなどれない。

昔にくらべて形(パターン)が、

めちゃくちゃよくなっているので

初心者はこれで十分OKだったりする。

 

なので、3万以上のデニムジャケットたちは

どうなのかというと“ディテール”や“繊維“、

また”染め“など良い意味での

”こだわり”で選びたいかた向けのもの。

 

気になるかたはそちらをチェック!

 

たまに、GUとコラボした”ミハラヤスヒロ”

のデニムジャケットのような変化球はあります。

※コラボでは1,2,3のMIXデザインでした

 

基本はおさえたいなら、

やはりここは【リーバイス】を購入すべき。

 

一つは持っていて損はない、一品ですね。

まずは、はいて自分だけの味だしして育ててみましょう!

 

【リーバイス公式通販】はこちら

 

 

 

■デニムジャケットの選び方

●デニムジャケットのサイズの選び方

 

デニムジャケットのGジャンを選ぶポイントは、

通常まずは“ジャストサイズ”で選ぶことです。

 

ジャストサイズは最強です!

 

3つのポイント!

✅.肩のラインにあっているか

✅.袖丈(そでたけ)は長すぎないか

✅.胸囲がぶかぶかすぎてないか

 

この3点が”超重要”です。

 

なぜかというと、

流行の着こなしなんかおかまいなしの

“普遍的”なポイントをおさえているから。

なので、失敗しにくいんです。

 

最近は、オーバーサイズぎみにビックシルエットで

着こなすのが”はやり”でありますが、

でもこれは【2着目でトライ】するくらいがベター。

 

普段着なれていない人は、

オーバーサイズの”違和感”でなじめず

ほとんどが失敗します。損します。

 

だったら、間違いのない“サイジング”をするべきなのです。

 

サイズで、ダサくならないようにする方法は、

“ジャストサイズ“これ一択だけ。

 

 

●デニムジャケットの色の選び方

 

中途はんぱな色のデニムジャケットは、

けっこう着回しがむずかしいもの。

 

初めて購入するならば、

濃紺の“ノンウォッシュ“か、

洗いまくった“うすいブルー”

が超絶つかえます!

 

なんなら、2枚買い!

 

全くちがう表情がだせるので、

両方あっても良いです♪

 

 

■デニムジャケット3種、どこで買える?

 

リーバイスは、実店舗や公式通販で展開しています。

まずはそちらでさがしてみましょう!

 

▼リーバイス公式はこちら▼

【LEVI’S 公式通販】

 

 

 

■まとめ

 

『Gジャン3つのタイプ』ポイント

✅.1stは、【片ポケットあり】

✅.2ndは、【両ポケットあり】

✅.3rdは、【ポケット下がVライン】

これでもう、覚えられましたよね(^^♪

 

最新のGジャンでは、

現代にあったスタイルに改良されて

着やすくなっているので、

ぜひデニムジャケットを

着こなしてしてほしいです。

 

昔ながらの時代を着てみたければ、

”ヴィンテージ”を選択するのも

面白いかもしれません。

 

少々、値がはりますけどね(笑)

 

 

わたくし個人的には、

「2nd」タイプの”両フラポケ”が大好きです!

いや~、あれいいんですよ~♪

 

 

 

ということで、

今回はここまでになります。

 

 

このブログを、

最後まで読んていただいて、

本当にありがとうございました!

 

 

【あわせて読みたい】

【腕時計】ペアウォッチ人気カスタマイズ系ブランド3選

【パッチ図鑑】デニムパンツブランド紹介33選!

 

 

●【Twitter】もやってます♪

こちらも応援いただけたら励みになります~(涙)

「サト」のTwitterはこちら

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください