『プラスの言葉』つらいを乗り越える1つの方法

(2021.01.10更新)
こんにちは、サトです。

 

日常のコミュニケーションツールで欠かせない

「ことば」

 

この「ことば」には、

『プラスな言葉』と

『マイナスな言葉』

があります。

 

今回このページでは、

ビジネスシーンやプライベートで活かせる、

言い換えることでの

自己救済【言葉の変換】についてお伝えします。

 

この記事を読むことで、1人でも救われるひとがいたら嬉しいです。

 

 

■「マイナスな言葉」は伝染する

 

普段からこんな言葉を口にしていませんか?

 

「あ~、・・・つかれた」
「面倒くさいな」
「なんでこんなことしなきゃいけないんだ」

 

不平・不満・愚痴・悪口などなど・・・。

 

身体がつかれていたり、

気持ちが落ち気味のときは

この悪魔が登場してしまいます。

 

すごくわかります、

思わず言ってしまいますよね。

 

でも、そう想像してみてください。

別の誰かがこういう言葉をいつも発していたら。

 

・・・なんか、

あんまり近づきたくない、ですよね。(笑)

 

つらい、しんどい、疲れた、などの言葉は、

実は周囲の人に伝染し影響してしまいます。

 

その結果、例えば会社なら、

一つの部署内全体のモチベーションが下がり

生産性も低下してしまうのです。

 

個人では、

悪い言葉が自己暗示となり、

気持ちが落ち込んで体調に影響することもあります。

 

このような”負の要素”を持つ言葉には

何のメリットもありません

 

それは、

人をいやな気持にさせるだけの

「マイナスな言葉」

だからです。

 

では、どうしたらいいのか。

 

結論、

マイナスな言葉を【プラスな言葉】へと変換する、

これだけでOKです!

 

■『プラスな言葉』と『マイナスな言葉』

 

 

・プラスな言葉・・・「嬉しくさせる言葉」または「楽しくさせる言葉」

・マイナスな言葉・・・「いやな気持にさせる言葉」

 

変換はやるとやらないとで全く違う結果となりますし、

その効果は大きいです。

 

では、

すこし面白い手法で変換してみましょう。

 

わかりやすくしたので、

下記の例を見てください。

自虐のような含みをもたせて、

すこしニュアンスを変えてみました。

 

 

●冒頭の文章の変換

 

・「あ~、・・・つかれた」

→【う~ん!自分、よく頑張ったなぁ!】

・「面倒くさいな」

→【大変だけど、やりがいがありそうだな】

・「なんでこんなことしなきゃいけないんだ」

→【これはいい意味で、修行かな?(笑)】

 

言葉の変換は、

やってみると少しだけサイコパスぽいです。

ちょっとのプラス的な逆の表現に変換してみるだけで

意味が変わり、なんだか楽しくなりますよね?

 

ポイントは、

暗い気持ちにならずにいること。

 

 

このような方向性の表現で続けていると、

不思議と周りの人たちも笑顔がふえてきます。

 

そして何より、

自分自身の表情が明るくなります。

 

人を傷つけてしまったり、

不愉快な気持ちにさせてしまうような言葉は、

できるだけ使わない。

どんな問題も必ず突破口が見つかります。

 

この、

『プラスな言葉への変換』

はすぐできます。

 

どうせなら、

今すぐはじめてみませんか?

 

すこしだけ違う未来が訪れるはずです。

 

 

最後に、

どうしてもできないなら、

今の環境から逃げる

ことも間違いではありません。

 

 

仕事でダメなら転職する、

プライベートならだれかと距離をおくことも

一つの手段としてはアリです!

 

いいんです!

 

 

次の環境では、

いいことがあるかもしれませんから♪

 

どうせ生きるなら、

自分が楽しいと思える方向を

探していきませんか?

 

人生の道はいくつもあるのだから。

 





ゼロから“イチ”を生み出せる! がんばらない働き方【電子書籍】[ ピョートル・フェリクス・グジバチ ]

価格:1,386円
(2021/1/11 00:04時点)
感想(1件)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください